大阪市の弁護士で国際紛争解決に強い弁護士!|小原法律特許事務所
HOME>国際紛争・トラブル

国際離婚

国際離婚
離婚問題のイメージ写真

離婚当事者の一方が外国人であるときには、その外国人の本国で離婚には裁判離婚しか認められていないために、日本で協議離婚をしたものの、本国では依然 として両者は結婚しているものとして扱われるという難しい問題がしばしば生じます。したがって、離婚する一方が外国人の場合には、協議離婚に両者が同意していても、一度は弁護士に相談すべきといえます。

当事務所では、日本人同士の離婚はもちろん、当事者が外国人の離婚事件を数多く取扱ってきております。
特に国際結婚・離婚には日本人同士の離婚とはまた別の問題が発生する事が予想されるため、より一層の覚悟が必要なのです。
離婚で悩まれましたら、当事務所にお気軽にご相談下さい。

国際離婚の難しさ・・・

国際離婚の慰謝料等の問題や国際離婚後の子供の親権問題など外国と日本の法律が違う事から簡単に離婚手続きを進めて終わりということが難しくなっております。
安易に離婚を決意するだけでなく、事前にご相談頂くのが良いかもしれません。

日本国内での離婚問題に関してはこちらへ

離婚・相続問題解決NAVI@大阪・弁護士