大阪市の弁護士で国際紛争解決に強い弁護士!|小原法律特許事務所
HOME>国際契約・貿易取引

国際契約・貿易取引

英文契約
英文契約のイメージ写真

国際取引の際には、英文で契約書を締結することは避けて通ることができません。
その英文契約には、通常、日本の契約では見慣れない条項や表現があり、英語力のある担当者でもその作成が困難であることが少なくありません。また、相手方から提案された英文契約を深く検討しないまま署名をしてしまうとあとで取り返しのつかない事態を生じる危険性も存在します。
当事務所では、お客様が英文契約で失敗しないように、お客様の英文契約作成・検討を全面的に支援させていただきます。

次のような方は、当事務所にご相談下さい。
  • 初めて、海外企業と取引をする。
  • 取引先から英文契約書の作成を求められている。
  • 契約書を作成したが、問題がないか弁護士に見てもらいたい。
  • 相手方から提示された英文契約に署名しようかどうか悩んでいる。
  • 英文契約をすでに締結しているが、その内容に疑問がある。
交渉アドバイス

国際取引、貿易の交渉に臨まれるお客様に留意すべきポイントをアドバイスします。
一言で交渉といっても、様々な局面が考えられます。例えば、相手方と交渉を開始すべきか否かを見極めている段階、取引の基本的な条件を確認している段階、契約文言を起案していく段階、契約文言を確定していく段階、契約締結後トラブルが生じた段階などです。これらについて、それぞれ注意すべきポイントは違います。また、相手の国がどこであるか、どんな企業か、取引の内容は何かなどによってもポイントは変わってきます。当事務所は、その豊富な経験を踏まえ、事案に即した、最善のアドバイスを致します。
もちろん、英文契約の作成、検討もお任せ下さい。

OLO英文契約サービス

交渉代理

お客様が、慣れない英語での交渉に不安を感じておられるのであれば、当事務所の弁護士がお客様の代理として相手方と交渉することもできます。特に、取引上で紛争が生じ、その解決のための交渉であれば、英語での交渉に加えて、法律上の知識が必要とされることが多く、お客様の代理人として交渉する方が適切な場合が少���くありません。

海外弁護士との連携

取引の内容に照らして、海外の弁護士の応援が必要な場合には、適宜連携を致します。
現地の会社法、税法もしくは独占禁止法が関連する可能性がある場合など、事案の性質上、海外の詳細かつ正確な法律知識が必要な場合があります。そのような場合には、当事���所が長年培ってきたネットワークを活用して、事案に適した海外の弁護士・法律事務所を選択し、その弁護士・法律事務所と連携しながらお客様のご要望にお応えいたします。海外の弁護士・法律事務所との連携には、高い英語能力が必要ですが、当事務所のスタッフは高度な英語能力を備えており、スムーズに連携を行うことができます。